2回くらい読んだ。(SS・やる夫作品の紹介)

SS、二次創作、やる夫スレなどで「2回くらい読んだ」個人的傑作の紹介。どうせ何度も読み返すなら、 アレ読みてえと思い立った時にすぐ見つけられる方がいいという自分用目録と要点3行。

    やる夫短編集阿修羅編

      Share on Tumblr
    やる夫で学ぶクリスマスツリーの作り方


    時期:2012/12/24
    作者:◆mG5VpJtx6Y


    2012やる夫板II・恋愛抜きのクリスマス短編祭の作品(学べません)
    ・クリスマスになぞの発想で真っ向勝負を挑む姿勢に度肝を抜かれる。
    ・俺は個人的に好きでこの時期になるとつい思い出してしまう。

      Share on Tumblr
    三人のジジィ


    時期:2011/04/19


    ・短編。なんだこのテンポ。
    ・ナンセンスで全く持って他人事な展開にじわじわ来る。
    ・ラストまじめに〆りゃいいってもんじゃねえぞw

      Share on Tumblr
    7にん勇者


    時期:2013/01/28


    ・一読しただけでは、ちょっとよくわからないかもしれない。
    ・が、内容を整理してみると面白い設定であり、コンパクトによく省略された短編。
    ・オムニバスで風呂敷を広げれば、と思うがここで閉じておくのが良いのかも知れぬ。

      Share on Tumblr
    こなた「隣、いい?」もこっち「えっ」


    ※元のSS
    こなた「隣、いい?」もこっち「えっ」


    時期:2013/09/27


    ・SSを元に作られた短編。
    ・らきすたは大量にAAがある為、AAスレ化してもシーンに違和感無く楽しめる。
    ・らきすたベースの優しい世界。こなたはコミュ強だからこういう友達がいれば幸せだろうなあ。

      Share on Tumblr
    私のやる夫劇場
    (1話目はここ)


    時期:11/01/09~12/12/10
    作者:私のやる夫劇場作者(名無しで投下している為、不明)


    ・わけがわからないナンセンス、カオス、急に始まるシリアス、無意味なようで繋がっているストーリーの妙。
    ・独特の世界観とさやかちゃんとハンサム。
    ・名無しでスレ立てするので、他にも多分この人だろうと思う作品がいくつかある。大ファン。

      Share on Tumblr
    やる夫が心の友を見つけるようです


    時期:2009/09/18
    作者:◆A0GIOtXAoo


    ・まさに心の友。いくつかのミーニングで。
    ・古い作品でもあるし粗があるが、細かい事はいいんだよ!
    ・短編。グッとくるものがある。

      Share on Tumblr
    ふぐりの美醜について


    時期:2012/05/12


    陰囊を見せ合う話ではない。
    ブーン系から連なる口を表す記号としての「ω」が、大型AAや支援絵などでおかしなことになるのは確か。
    ・見せ方捉え方によってはチャームポイントにもなり得るわな。短編。

      Share on Tumblr
    やる夫が「究極」と「至高」メニューの審査員になるようです



    時期:2014/05/10


    美味しんぼの本質を突く作品。(ギャグです)
    ・あまり本気になって突っ込んだらいかんよ。
    ・短編。AAって表情が固定されているのでうまく回せば狂気を感じさせるね。

      Share on Tumblr
    ネタバレすると爆発オチ

    時期:2013/01/08


    ・短編集。短いネタがポンポン続く。
    ・くだらないけど面白い。こういうのでいいんだよこういうので。
    ・合いの手込みで137レス。さっくり読みきれる。

      Share on Tumblr
    3+4=7

    時期:2009/08/01
    作者:◆/gWT0CUbyA


    ・シリアス・ホラー系統。
    ・AAならでわの表現が見事。
    ・短編。これ以外にこの作者さんの作品を見ていない。もっと見たい。

      Share on Tumblr
    ♪ QB3分クッキング ♪

    ♪QB3分クッキング♪ 特番



    時期:
    2011/06/09~2011/07/10
    作者:
    ◆R1t2EmWt0Q


    ・ナンセンス&良テンポ
    ・キュウべえカワイイ!
    ・ショートコントのようにネタが連続している短編。

    このページのトップヘ