2回くらい読んだ。(SS・やる夫作品の紹介)

SS、二次創作、やる夫スレなどで「2回くらい読んだ」個人的傑作の紹介。どうせ何度も読み返すなら、 アレ読みてえと思い立った時にすぐ見つけられる方がいいという自分用目録と要点3行。

    東方創想話

      Share on Tumblr
    幽香汁


    時期:2008/12/01
    作者:幻想と空想の混ぜ人


    ・猥雑は一切無い。無いんじゃないかな、たぶん。
    ・実際すごいいいにおいしそうではあるなあ。
    ・いつもの混ぜ人の頭の悪い系の話である。17.28KB

      Share on Tumblr
    老いて、なお盛ん


    時期:2009/09/19
    作者:八重結界


    ・最低系主人公(ジジイ)。主人の口癖は「妖忌、自害なさい」
    ・序破急においてかっとばしておるわ。6.93KB
    ・ここ数年書いてないな、と思っていたらやる夫スレでこれとかこれとか書いて活躍中であった。

      Share on Tumblr
    「あれ、参ったな。私、一ヶ月後に死んでる」


    時期:2011/12/29
    作者:yunta

    ・バタフライエフェクトである。
    ・運命を知っているからといって逃れられるとは限らないわけで。
    ・能力の解釈と我侭の理由、誰にも理解されない戦いであるなあ。64.68KB

      Share on Tumblr
    S字結腸突破作戦


    時期:2006/12/30
    作者:deso


    ・咲夜さんはにんげんだもの。それはそれは残酷な事ですわ。
    ・臨場感ある迫真の文体。
    ・カタルシスにいたるまでがとてもよいのであるなあ。(だが下ネタである)

      Share on Tumblr
    恒星過多の永遠亭職員採用面接


    時期:2010/02/24
    作者:即奏


    ・ウドンゲが倒れたので永遠亭職員採用面接という名の無茶振りオーディション。
    ・大変な勢いとネタまみれである。さらっと落ちていくキャラもツボ。下から脱いでく野球拳という言霊。
    ・なんとなくいい話で終わったり終わらなかったりするわなあ。46.64KB

      Share on Tumblr
    紅魔館メイド咲夜バースデイ


    時期:2013/02/23
    作者:イムス


    ・咲夜寿命ものである。
    ・10年ごと描写されるバースデイ。変わるものと変わらぬもの。
    ・この作者さんは根っこで世界観が繋がっているから過去作も読むとより楽しめる。43.34KB

      Share on Tumblr
    おしゃべり魔女


    時期:2008/12/31
    作者:yuz


    ・魔理沙が魔女になってしばらく後の話。
    ・湿っていく感覚、倦んでいく感覚の描写が続く。
    ・オチをどう受け止めるか。22.44KB

      Share on Tumblr

    飴玉を落としてお年玉とか認めませんからね



    時期:2010/01/04
    作者:幻想と空想の混ぜ人


    ・あけましておめでとうございます。時事的な物を。
    ・いつもの巫女かと思いきや。
    ・悲しい事件であった。

      Share on Tumblr
    あなたのそばに命蓮寺


    時期:2009/12/17
    作者:桐生


    ・ぼちぼち年越しですし、こういう話が読みたくなる。
    ・素敵な永久機関。
    ・いろいろな設定が綺麗につながるいい作品である。33.38KB

      Share on Tumblr
    お嬢様、フロリダへ行く。


    時期:2009/09/12
    作者:沙月


    ・いろいろ解せぬがとにかく愉快。
    ・この、独特の切れとテンポとちりばめたネタよ。
    ・4.26KB。さっくり読める。

      Share on Tumblr
    勇儀姉さんが堂々と全裸で旧地獄街道をまっしぐら


    時期:2010/09/23
    作者:i0-0i


    ・タグにもあるが、全裸なのにまったくエロくない。
    ・勢いとパワーで一直線で、こういうの好きです。
    ・8.9KB。さくっと読める。

      Share on Tumblr
    ユカーリン


    時期:2009/10/16
    作者:TAM


    ・先に言うとくけど、ソ連は全く関係ないよ。
    ・言われてみれば確かに多いなあ。
    ・9.2KB。さっくり発想一本勝負。

      Share on Tumblr
    幻想郷の行く末を見届ける会


    時期:2013/05/05
    作者:片隅


    ・死なぬ者たちが見届ける。60年毎に場面が切り替わっていく。
    ・変わるもの変わらぬもの、少しづつ進んだり失われたりしていく寂寥感。
    ・140.88KBと大変長いがすばらしい読後感。

      Share on Tumblr
    閉じた瞳と地底の兎


    時期:2009/09/29
    作者:FoFo


    ・こいしがてゐを地底につれてきたらしい。
    ・う詐欺とさとりの邂逅である。
    ・人の気持ちがわかる(直接)と人の気持ちがわかる(推測と経験による理解)の絡みが素敵。86.9KB

      Share on Tumblr
    E気持


    時期:2006/02/26
    作者:反魂

    ・そうくるかあ。
    ・そうくるかあ、の後に隙を許さぬ二段重ねが見事であるなあ。
    ・時代が古いゆえ、今読むとくどく感じることもあるかもしれないが、名作である。

      Share on Tumblr
    あたい、フランス人になりたい


    時期:2009/08/07
    作者:七々原白夜


    ・いま、幻想郷は空前のフランスブームの真っただ中にいた!
    ・このシュチュエーションだけで持ってかれるわ。
    ・12.34KB。さっくり意味不明に読める。

      Share on Tumblr
    ムジナ殺しの静葉


    時期:2010/12/29
    作者:監督


    ・秋も終わりに近づいていますので、しんみりしたやつを。
    ・寂しさと終焉の象徴という能力の解釈や意味合いを考えさせてくれる。
    ・17.24KB。同作者の創想話:バリスティック収穫祭と裏表のような。

      Share on Tumblr
    その数式は医者でも愛せない


    時期:2008/08/23
    作者:八重結界


    ・なんという因果関係。
    ・なんという発想。そしてオチ。
    ・この作者さんはぶっ飛んでいるだけに当たればHR。10.44KB

      Share on Tumblr
    ダーキニー


    時期:2009/03/28
    作者:yuz


    ・どう説明したらいいんだろう、僕にはわからない。
    ・ただ、感じろ。
    ・なんともいえず、堕ちていく感覚がよい。16.56KB

      Share on Tumblr
    かみさまができるまで


    時期:2011/06/11
    作者:俄雨


    ・色々と壊れているのに、しっかりした幻想郷考察である。
    ・力を持つという事がどのようにして組みあがるのか、一つの解であるなあ。
    ・でも、お姉ちゃんはねえよ、流石に。53.24KB

      Share on Tumblr
    中秋


    時期:2009/11/14
    作者:蒲公英コーヒー


    ・オリキャラの名も無き村人A視点での話。
    ・淡々と、しつつ渋い。時代もの、剣戟ものが好きならきっと気に入るはず。
    ・33.11KB。作者さんこれ1作きりなのがとても残念。

      Share on Tumblr
    魔界カップ麺が好き!


    時期:2011/06/06
    作者:超空気作家まるきゅー


    ・ジャンルはSF。ループ物であるが、組み立てが実に秀逸。
    ・キャラクタみんなが実にらしい。テンポよくぐいぐい引き込まれる。
    ・51.64KB。3分間という時間制限に緊張感があってとてもよい。

      Share on Tumblr
    撃って学んで避けては学べ


    時期:2010/05/10
    作者:はるか


    ・学問と弾幕を融合させたまったく新しい弾幕ごっこ。
    ・そしてまさに外道。
    ・色々ひどいが良い話で終わるのでご安心ください。

      Share on Tumblr
    バリスティック収穫祭


    時期:2008/04/29
    作者:監督


    ・もう秋ですし。里の民VS秋姉妹の弾幕ごっこ。
    ・オリキャラが20人くらい出る。スペルカードに引っ掛けた名前、いくつわかるかな?
    ・51.25KB。大変愉快で秋姉妹はかわいらしい。

      Share on Tumblr
    上白沢慧音、酒盛りをする


    時期:2010/03/20
    作者:


    ・どこか俺の知ってる東方のキャラと違う。
    ・会話のテンポと切れあり。荒っぽい感じがするががそれがよい。
    ・この1作以降書いてないみたいだけど、なかなか頭のネジを飛ばして書くのは難しいのよ。

      Share on Tumblr
    動きやすい大図書館


    時期:2010/07/31
    作者:無結合戦車(ねじ巻き式ウーパールーパー、わおん、じろー)


    創想話ラグナロク(合作企画)より。移動図書館が幻想入り。
    ・合作なので途中で若干文体は変わるが、魅力的なお話。
    ・移動図書館が動かしたのは動かない大図書館だったのかも知れぬ。

      Share on Tumblr
    大人気ないゴルフ


    時期:2009/06/04
    作者:幻想と空想の混ぜ人


    ・幻想郷交流ミニゴルフ大会である。
    ・不正はなかった。
    ・15.87KB。まあ、そうなるな。

      Share on Tumblr
    幻想郷がもし100人の村だったら


    時期:2010/02/06
    作者:手負い


    ・先頭打者ホームラン。
    ・最終回ダメ押しの追加点。
    ・5.2KB。こういう発想の単品好きだわ。

      Share on Tumblr
    東方少女たち、たいしておもしろくない話で笑う


    時期:2011/11/13
    作者:逸勢


    ・面白いんだよなあ。下品なのに。
    ・笑いから起きる負の連鎖。軽蔑する気持ちもどうしても言いたくなる気持ちもわかる。
    ・31.77KB。これを紹介することで「こんなものを面白いと思ってるなんて…」と思われても仕方なし。

      Share on Tumblr
    おりんりんタクシー


    時期:2010/02/11
    作者:八重結界


    ・おりんりんと行く観光タクシー的な。
    ・実に良心的な価格であるなあ。
    ・25.9KB。本筋とは関係ないが、パルスィの願いがすごくらしい。

      Share on Tumblr
    怪談VSトラウマ


    時期:2008/10/20
    作者:八重結界


    ・夏ですし、ゾッとするお話でも一つ。
    ・とはいえ、和気藹々である。
    ・12.7KB。ホラー?ちょっと方向性が違うかな?んんん?ホラー。

      Share on Tumblr
    絶対に笑ってはいけない茶会 in 紅魔館


    時期:2008/12/31
    作者:二俣


    ・年末のアレ。投稿日も合わせてあるのがポイント高い。
    ・流れ的にはアレとは違うけど、細かいネタが笑いを誘う。
    ・57.33KB。ギャグも過ぎれば狂気。大笑いする人と真顔になる人に分かれるかも。

      Share on Tumblr
    冷やしドロワーズ


    時期:2009/05/27
    作者:反魂


    ・熱中症対策に今こそ注目されるべき。
    ・こういうのは理解できなくても感じる事が全てであるなあ
    ・21.14KB。

      Share on Tumblr
    安楽椅子のバイオレット


    時期:2010/01/23
    作者:冬扇


    紅い体験版の続編。パッチェさんと魔理沙のコンビ。
    ・魅惑のテーマパークパチュリーランドが酷すぎる。
    ・106.55KB。突っ込みどころしかねえのに最後はふわりときれいに終わらせるのが腕。

      Share on Tumblr
    紅い体験版


    時期:2009/06/24
    作者:冬扇


    ・紅魔式地霊殿。
    ・作者の言語センスがキレッキレでイカれている。油断するとすごい角度からパンチが来る。
    ・74.9KB。不思議な読みやすさで一気に読める。

      Share on Tumblr
    課外授業ようこそ妖怪


    時期:2010/06/21
    作者:PCK(桐生、天然果実、春野岬)


    ・創想話ラグナロク(合作企画)にての作品。優勝作。
    ・紅魔館メンバー中心にスポットが当たるが、それぞれに良い所や成長が見えてよい。
    ・合作だけあって相当のボリューム。基本ハートフルな話ですよ。

      Share on Tumblr
    兎のレポート


    時期:2009/08/01
    作者:みつば


    ・お見事。
    ・何を言ってもネタばれになるので、2回くらい読んで欲しいとしか。
    ・5.31KB。

      Share on Tumblr
    決闘妖怪ども


    時期:2012/01/03
    作者:


    ・決闘と書いてデュエルと読む。
    ・ギャグなのに所々納得する設定やしんみりする感じが出るのがよい。
    ・44.61KB。メタにリアルな居酒屋描写をいれるのはやめなされ…やめなされ…

      Share on Tumblr
    フランドール、家を買う


    時期:2012/08/22
    作者:春野岬


    ・フランドールとはたてという珍しい組み合わせ。
    ・写真に興味を持ったことを切欠として、自立や人との関わり合いを深めていく過程がとてもよい。
    ・88.35KB。途中までは大丈夫かな?とフランを見守る感じで読むが、終盤はもう大丈夫と安心できる。

      Share on Tumblr
    case:射命丸文


    時期:2010/03/09
    作者:八重結界


    ・なんともうまい組み立て。インタビュー形式で物語りは進む。
    ・わかっていて2回目に読むと、色々気づかされる話。
    ・17.3KB。SSというより、ショートショートとして完成度が高い。

      Share on Tumblr
    うちの従者は――


    時期:2007/04/01
    作者:はむすた


    ・謎のラスボス交換日記。シュール・カオス系。
    ・映姫さまは大英断である。
    ・掌編はこのくらいで落とすのが気持ちいい。6.37KB。

      Share on Tumblr
    渋谷のリグル・ナイトバグ


    時期:2013/11/01
    作者:イトウ(仮名)


    ・冒頭で投げずに最後まで読んでほしい。こういうのもあるから創想話は懐が深い。
    ・リアルとフィクションの境目が絶妙で都市伝説的な語り口。
    ・38.49KB。もっとこの作者の作品を読んでみたいが、作者名まで含めての作品なので無理だろうなあ。

      Share on Tumblr
    乾燥ワカメ 『幻想郷のシンデレラ』


    時期:2008/04/20
    作者:電気羊


    ・てゐの昔話。
    ・そういう切り口でのロマンスがあったか!と驚かされるもしんみり。
    ・ラストがたまらなく好き。14.14KB

      Share on Tumblr
    魔女の誘惑


    時期:2010/03/13
    作者:SPII


    ・パチュリー・ノーレッジは魔女である。
    ・嘘か真か、普段が飄々とした語り口である故に恐ろしい。
    ・20.44KB。全て相手に考えをゆだねた上でいうのが魔女らしいことだなあ。

      Share on Tumblr
    パルプファンタジア


    時期:2006/07/10
    作者:桐生


    ・幻想郷に空前の創作ブームが。
    ・書く側に回って感想やディスを貰った方は強く共感できるはず。
    ・45.98KB。東方でやる意味あるの?という節もあるが、幻想郷は全てを受け入れるのよ。

      Share on Tumblr
    姿は見えども影見えず


    時期:2010/10/02
    作者:コーラの王冠


    ・傘の話。
    ・東方香霖堂に近い形の言い回しや物語の造詣に説得力がある。
    ・57.85KB。言葉遊びの要素や存在に括る描写が東方「らしさ」として非常に魅力である作品。

      Share on Tumblr
    レミリアとゴリラ


    時期:2010/11/06
    作者:木葉梟


    第九回東方SSこんぺ(かがみ)優勝作品。出オチではない確かな筆力。
    ・ストーリー自体は王道(+ゴリラ)。いい話ですよ。
    ・136.71KB。初見でも大体わかるけど、2回目にわかって読み返すとこれがまたかわいい。

      Share on Tumblr
    ちょっとオトナの幻想郷


    時期:2009/01/09
    作者:


    ・そら傾国の美女ですから、そのくらいの経験が無いと困りますわなあ。
    ・きゅーっ!?とかみゅーっ!?とか鳴くゆかりんはかわいいなあ。
    ・O○OOO、OOOO○OO、一体何のことだろうか?18.84KB。

      Share on Tumblr
    JR東方


    時期:2010/02/15
    作者:TAM


    ・作者も言ってるけど、SSというより設定集。
    ・だが、駅名や路線の組み合わせなどが、添付の図を含めて素晴らしく、妄想を膨らませてくれる。
    ・8.97KB。幻想郷の地図や位置関係ってどんなん?というのにひとつのイメージが立つなあ。

      Share on Tumblr

    下品で下賤で下世話で下劣で下等で低俗で低脳で底辺で不潔で不徳で不憫で不幸で不摂生で不衛生で不感症な新聞記者




    時期:2012/02/15
    作者:逸勢


    ・重くてしつこくて過剰すぎる装飾がドロドロの共感を呼ぶ。
    ・時折挟まれるハイセンスな言語に変な笑いが出る。
    ・20.19KB。この人の作品は好みが凄く別れると思うけど、作品の中では読みやすいほう。

    このページのトップヘ