2回くらい読んだ。(SS・やる夫作品の紹介)

SS、二次創作、やる夫スレなどで「2回くらい読んだ」個人的傑作の紹介。どうせ何度も読み返すなら、 アレ読みてえと思い立った時にすぐ見つけられる方がいいという自分用目録と要点3行。

    2015年10月

      Share on Tumblr
    やる夫系:布都は八方塞がりの領主のようです
    やる夫系:愛してよろしいですか?
    やる夫系:やる夫が冒険者予備校に通うようです
    やる夫系:やる夫は運命のとまるよ・・・おかーーーーーーーん!!!な様です
    やる夫系:この世界には、なにかが足りないようです

      Share on Tumblr
    モバマス:モバP「レンタルビデオ屋にA○を借りに行く」
    モバマス:狩野英孝「僕イケメン!」輿水幸子「ボクカワイイ!」
    モバマス:モバP「今日はCu大人限定、肩車の日だ」
    モバマス:渋谷凛「ふーん…新しいアイドル?」
    アイマス:藤木源之助「どこだここは?」千早(この人怖い)
    モバマス:モバP「黒いアイツ」
    アイマス:P「廃村に響く」
    モバマス:モバP「打ち上げパーティーin居酒屋」
    アイマス:雪歩「あの……この写真の右上に影が」貴音「」バターン!!!
    アイマス:やよい「ギターソロかもーん」
    モバマス:モバP「響子に甘えグセがついた」
    モバマス:オードリー春日「春日がトライアドプリムスのプロデューサー?」
    モバマス:モバP「アイドルたちが実は人間じゃなかった」
    アイマス:真美「やよいっちは貧乏だから何も知らないっしょ→」
    モバマス:モバP「磁石」
    モバマス:芳乃「おやーこれは封印しなければなりませんねー」こずえ「えぇ~」
    モバマス:モバP『もし俺が空を見上げて「バカな…早すぎる…」ってつぶやいたら』
    モバマス:モバP「有名になって困る事?」 凛「うん」
    モバマス:幸子「1000回腹パンされるRPG?」
    モバマス:まゆ「妥協します」

      Share on Tumblr
    創想話:魔界カップ麺が好き!
    創想話:中秋
    創想話:かみさまができるまで
    創想話:ダーキニー
    創想話:その数式は医者でも愛せない

      Share on Tumblr
    まゆ「妥協します」


    時期:2014/01/20


    ・妥協とは恐ろしいことですね。
    ・短いがこれでよい。
    ・最後の画像が全て。

      Share on Tumblr
    幸子「1000回腹パンされるRPG?」


    時期:2013/05/27


    ・個人的に幸子=腹パンという風潮は絶許だけど、これはやりたい。
    ・ゲーム中の幸子もカワイイけど、プレイする幸子もカワイイですね。
    ・誰か作れよ!あと、作者さんが創想話の有名作者で驚いた。

      Share on Tumblr
    この世界には、なにかが足りないようです


    時期:09/07/01~10/07/31
    作者:◆xeV9DJJ6sM


    ・戦記物ファンタジーSFなど要素が絡み合うオリジナル作品。
    ・作り上げられた世界観とキャラクタが秀逸である。
    ・何が足りないのか、徐々に解き明かされていく感覚がよい。全13話と番外7話。

      Share on Tumblr
    モバP「有名になって困る事?」 凛「うん」


    時期:2014/09/03
    作者:◆ZWAJnJ4q9E


    ・ファン対応は人それぞれである。
    ・犬は飼い主に似るというが、皆訓練されすぎであるなあ。
    ・この人の書く話はどれも、たくさんのキャラが出るのに特性をしっかり捕らえていて良い。

      Share on Tumblr
    その数式は医者でも愛せない


    時期:2008/08/23
    作者:八重結界


    ・なんという因果関係。
    ・なんという発想。そしてオチ。
    ・この作者さんはぶっ飛んでいるだけに当たればHR。10.44KB

      Share on Tumblr
    モバP『もし俺が空を見上げて「バカな…早すぎる…」ってつぶやいたら』


    時期:2014/09/07


    ・元になったネタスレを知ってるか知らないかで大分受け取り方が違うと思う。
    ・知らなくても楽しめるクオリティだが、知ってると誰が来るのか予測しながらで楽しい。
    ・実に厨2ラノベのワンシーン的でよい。内容はまるで無いが。それがよい。

      Share on Tumblr
    芳乃「おやーこれは封印しなければなりませんねー」こずえ「えぇ~」


    時期:2014/05/31


    ・強烈な只者ではない感の2人。
    ・なんともさみしい。
    ・神のあり方について、妙に考えさせられる作品である。

      Share on Tumblr
    ダーキニー


    時期:2009/03/28
    作者:yuz


    ・どう説明したらいいんだろう、僕にはわからない。
    ・ただ、感じろ。
    ・なんともいえず、堕ちていく感覚がよい。16.56KB

      Share on Tumblr
    モバP「磁石」


    時期:2014/04/11


    ・Pとアイドルがくっつく(物理)
    ・塊魂的な、割とよくあるよね。
    ・博士か天才オチかと思いきや意外な展開。

      Share on Tumblr
    真美「やよいっちは貧乏だから何も知らないっしょ→」
    真美「ひびきんは完璧だから何でも知ってるっしょ→」


    時期:2014/02/20~2014/02/21


    ・タイトルで不安を感じた方、安心してください。
    ・安価でコンマ50以上なら知ってる、以下なら知ったかぶり。
    ・やよい編も響編も大変ハートフルであるが、響はちょっと物を知らなさ過ぎる。

      Share on Tumblr
    やる夫は運命のとまるよ・・・おかーーーーーーーん!!!な様です


    時期:2011/10/06
    作者:無触童帝 ◆HyQRiOn/vs


    ・fate原作。綺麗にまとまった短編。
    ・これには勝てない、納得のいく英霊である。
    ・この発想、たまに色々巡った後に読み返したくなるのよね。

      Share on Tumblr
    モバP「アイドルたちが実は人間じゃなかった」
    モバP「アイドルたちが実は人外ばかりだった」



    時期:2013/11/03~2013/11/20


    ・安価。だが捌き方がうめえので妙な説得力がある。
    ・さまざまなキャラが出るのでそれはねえよ、というのもまああるが。
    ・そして千川ちひろとは何者なのだろうか?

      Share on Tumblr
    オードリー春日「春日がトライアドプリムスのプロデューサー?」


    時期:2014/07/25


    ・どちらかというと春日よりの比重で再現度が高い。
    ・微妙に面白くない部分も完全再現(いい意味で)。
    ・クロスもの全般に言えることだけど、心の広い方だけが読むべきである。

      Share on Tumblr
    かみさまができるまで


    時期:2011/06/11
    作者:俄雨


    ・色々と壊れているのに、しっかりした幻想郷考察である。
    ・力を持つという事がどのようにして組みあがるのか、一つの解であるなあ。
    ・でも、お姉ちゃんはねえよ、流石に。53.24KB

      Share on Tumblr
    モバP「響子に甘えグセがついた」


    時期:2014/09/19


    ・甘イチャ話だと思うが、読み手によって解釈が異なりそう。
    ・どちらかというと、一旦許すとグイグイくる怖さを感じた。
    ・でもそこが可愛いんだろうなあ。

      Share on Tumblr
    やよい「ギターソロかもーん」


    時期:2012/05/17


    ・ギターソロはスゴイ。僕は色んな意味で思った。
    ・こいつはイケメンですよ。
    ・こんな形でSSにする発想が愉快である。

      Share on Tumblr
    やる夫が冒険者予備校に通うようです


    時期:2009/09/15~2009/12/27
    作者:名無しの幸運 ◆qVWJj9fKuY


    ・原作フォーチュンクエスト。パステル達は別にいるオリジナルパーティ。
    ・ゆるい世界観がとてもとても懐かしく、予備校ということで成長と切磋琢磨が楽しい。
    ・全22話とおまけ。冒険者になった後の話は、「幸せな冒険者になったようです」でエピソードが複数あり。

      Share on Tumblr
    雪歩「あの……この写真の右上に影が」貴音「」バターン!!!


    時期:2012/11/18


    ・お化けちゃんという言霊。
    ・このテンションが癖になる。
    ・こういうね、ギャップがたまらなく好きなのよ。

      Share on Tumblr
    モバP「打ち上げパーティーin居酒屋」


    時期:2013/09/14


    ・それは心理戦である。
    ・得てして、意識していないナチュラル畜生とガチ畜生による蹂躙の場となるのよなあ。
    ・大変ごしゃごしゃした感じが出ていて楽しい。

      Share on Tumblr
    中秋


    時期:2009/11/14
    作者:蒲公英コーヒー


    ・オリキャラの名も無き村人A視点での話。
    ・淡々と、しつつ渋い。時代もの、剣戟ものが好きならきっと気に入るはず。
    ・33.11KB。作者さんこれ1作きりなのがとても残念。

      Share on Tumblr
    P「廃村に響く」【前半】
    P「廃村に響く」【後半】
    「廃村に響く エピローグ」


    時期:2014/05/24~2014/06/08


    ・本日は我那覇響さんの誕生日ですので。
    ・元は安価形式のものをリプレイ風に。ミステリー仕立てのマルチエンディング。
    ・安価が元なので多少荒い部分もあるが、ギミックや謎を数々仕込んであり読み応えがある。

      Share on Tumblr
    モバP「黒いアイツ」


    時期:2013/12/01


    ・やっぱりみくは頼りになるにゃあ。
    ・仕方ないとはいえ、Pが情けなさすぎんぞ。
    ・こう、怯えるしぐさとか、普段見せない所はちょっといいよね。

      Share on Tumblr
    藤木源之助「どこだここは?」千早(この人怖い)


    時期:2012/11/12


    ・謎クロスである。
    ・しかしながら妙に噛み合う二人。お美事にございまする。
    ・何故シグルイとアイマスで?という問いへの作者の答えが素晴らしいよ。

      Share on Tumblr
    愛してよろしいですか?


    時期:2012/09/23~2013/02/17
    作者:着ぐるみ ◆PANDAdSsLI


    ・原作は田辺聖子の同名小説。
    ・大人の、時期を過ぎた女性の恋愛がテーマというあまり他では見ない題材である。
    ・とてもしっとりと、丁寧に描写をAA化していて良い。全19話。

      Share on Tumblr
    渋谷凛「ふーん…新しいアイドル?」


    時期:2014/06/03

    ・今日は乙倉ちゃんの誕生日ですので。
    ・前半の不穏な空気よ。
    ・後半の突然の転調よ。芸能界ってやっぱり大変です。

      Share on Tumblr
    モバP「今日はCu大人限定、肩車の日だ」


    時期:2013/11/20


    ・やましい気持ちは一切無い。ねぎらいである。
    ・ぶっちゃけ、Cuの大人組みってそんなに目立つ人が居ないから(17歳を除く)新鮮である。
    ・大変それぞれの個性を生かして可愛らしく書いている。まさにキュート。

      Share on Tumblr
    魔界カップ麺が好き!


    時期:2011/06/06
    作者:超空気作家まるきゅー


    ・ジャンルはSF。ループ物であるが、組み立てが実に秀逸。
    ・キャラクタみんなが実にらしい。テンポよくぐいぐい引き込まれる。
    ・51.64KB。3分間という時間制限に緊張感があってとてもよい。

      Share on Tumblr
    狩野英孝「僕イケメン!」輿水幸子「ボクカワイイ!」


    時期:2014/02/15


    ・出会ってしまった二人。
    ・コメントにて本物よりも芸達者で反応が鋭いとの指摘。確かに。
    ・もう出オチだけどいいよね。

      Share on Tumblr
    モバP「レンタルビデオ屋にA○を借りに行く」


    時期:2013/09/22


    ・まあ、バレるわな。話の展開的に。オムニバス形式で沢山出るよ。
    ・モバマスもAVも、属性の坩堝であるゆえ、いたしかたなし。
    ・納得のオチである。

      Share on Tumblr
    布都は八方塞がりの領主のようです


    時期:2014/04/03~2014/07/02
    作者:◆pOgi2U5jM.


    ・安価スレ。経営系。劣悪な状況から領地を守り立てる。
    ・特徴的なのが好感度システム。ダイスさんの荒ぶり方にはホンマちびるで。
    ・全84話。愉快でとんでもねえ流れだが妙な説得力を持つ作品である。

    このページのトップヘ